三重の寒梅とは?

【三重の寒梅とは?】

◆ 酒どころ三重県

「寒梅」とは、冬至梅、寒紅梅と言われ、一般的には寒中に咲く早咲きの梅と称されています。
明治の教育者新島襄(同志社大学創立者)は、寒中風雪をしのいで早咲きする寒梅を見て、一番を争うわけでもなく自然体で謙虚な姿、人間もこうありたいと詠いました。
「三重の寒梅」を造るということは商品を販売して大きい酒蔵になることよりも、もっと大切なことがあります。
経済のグローバル化と言われて久しい昨今、最近の企業は経済性の追求を最優先に東京(関東地区)への一極集中が進み、地域社会への貢献がだんだん希薄になってきています。その現状は皆様もご存知の通り地方の衰退です。こうした社会背景の中、三重の寒梅を造る丸彦酒造は@地元の原料 A地元の雇用 B地元への納税 という地場産業としての地元への貢献を長年果たしています。
もちろん酒蔵も企業ですから利益を追求しなければいけません。しかし地酒を造るということは地元の原料(水・米)を使用する以上、地域への貢献なくしては語れないことだと思います。
丸彦酒造はこれまでも、これからも、消費者と地域を大切にし、お客様に満足していただける商品を提供できるよう努力を惜しみません。ナンバーワンを目指すのではなく、お客様ひとりひとりにとってのオンリーワンの酒造りを目指します。日本酒は日本人の国酒です。
「寒梅」の名にふさわしい精神的にゆとりのある豊かな味を造り続けていきたいと思っております。

【お問合せ】

丸彦酒造株式会社
〒512-0934 三重県四日市市川島町1863-2
TEL.059-321-3111
FAX.059-321-3110
E-mail:shop@mienokanbai.jp
営業時間:(平日)午前8:15〜午後5:00