蔵元紹介/会社概要

【蔵元紹介/会社概要】

◆ 酒どころ三重県

日本酒造りは東北地方が中心と思われがちかもしれませんが、実はここ三重県も酒造りに適した場所のひとつです。
まずはこの地区の気候。三重と滋賀の県境に長く横たわる鈴鹿山系のふもと、四日市市川島地区は昼夜の寒暖の差が激しく、特に冬期は積雪もある低温・乾燥の気候です。
そして酒造りに欠かせない水。三重県は年間降水量が非常に多く、県内各地には豊富な伏流水が湧き出ています。この地区の地質は清水の条件である粘土質、水の成分は日本酒の仕込みに適した中硬水で、鉄分、塩分、カルシウムが少ないため、透明度が高い、まろやかでコクのあるお酒ができます。また、この酒蔵の近くには名水百選の「智積養水」(ちしゃくようすい)もあります。
さらに最も重要なお米。日本酒通の方なら御存知の酒米「山田錦」は、種もみとして神都伊勢市(旧宇治山田市)の豊受大神(伊勢神宮外宮)にちなんで「山田穂」と命名されたという説があるくらい、この三重県と深い関わりがあるようです(※諸説あり)。現在「山田錦」は三重県の奨励品種となり、酒造好適米として多く作られています。三重の寒梅は山田錦を100%使用しています。
そんな自然の恵みを十分に受け、「三重の寒梅」は造り出されているのです。

◆ 新時代の酒、若き杜氏の挑戦

丸彦酒造では伝統的な酒造技術を踏襲しながら、ライフスタイルの変化に果敢に挑み、新しい美味しい酒造りを目指しています。従来の日本酒の「酒臭さ」を払拭し、フルーティーでマイルド、透明度の高い洗練された三重の寒梅は、和食はもちろん洋食にも合う新時代の日本酒です。
しかし酒造りの業界はどこも後継者不足。高齢化に悩む蔵が多い昨今、丸彦酒造では酒造りのマイスターとも言われる「杜氏」(とうじ)は、弱冠30歳。2004年に酒を造りたい一心で飛び込んで日本酒造りに邁進、その若いパワーは伝統の枠を飛び越え、三重の寒梅は全国新酒鑑評会で2006年から4年連続金賞を受賞し名酒としての評価を受けております。

◆ 会社概要

商号 丸彦酒造株式会社
代表取締役 鈴木 哲夫
所在地 〒512-0934 三重県四日市市川島町1863-2
電話番号 059-321-3111
FAX 059-321-3110
e-mail shop@mienokanbai.jp
URL http://mienokanbai.jp
取引銀行 百五銀行 四日市支店 みずほ銀行 四日市支店
創業 1867年(慶応3年)
設立 昭和3年10月10日
従業員 15名(平成20年4月1日現在)
業務内容 日本酒・地酒の製造販売
許認可/資格 酒類製造免許/酒類販売免許